植栽管理サービス-マンション・団地の植栽管理のことなら【クリエイティブグリーン】

事例紹介 クリエイティブグリーンをご利用いただいたお客様の事例を紹介します。

事例紹介クリエイティブグリーンをご利用いただいたお客様の事例を紹介します。

トップページ>事例紹介トップ>生育不良は根を見よう!根と土の調査

生育不良は根を見よう!根と土の調査

低木の調子が悪いということは、マンションではよくある現象です。改善のためには、まず正しい現状把握が必要なので、その調査事例をご紹介します。

 

低木の調子が悪い、その原因は?

 

マンションで多い植栽の不調として、「ツツジ・サツキ等の低木類が葉も花も少ない。少しずつ枯れていく」ということが多くあります。

植物の不調の原因は様々にありますが、よくある原因としては

「光不足」「土がよくない」「水が少ない」

ということです。

 

何が原因かを知り、適切な対策をとるためには、

植えられている状況を見ることと、土と根の状態を見ることが大切です。

あるマンションで、根を掘って調査した例をご紹介します。

 

生育の良いツツジと、悪いツツジの違い

 

このマンションでは、敷地内に生育の良い部分と悪い部分がありました。

そこで、両方のツツジの根を掘りとって調べてみました。

 

■生育がいいほうのツツジ・サツキ

生育のよいツツジ外観

 

こちらが生育の良い部分です。

奥がツツジ、手前がサツキですが、葉も密な状態です。

(3月初旬のため紅葉しています)

 

 

 

 

 

 

生育よいツツジ

 

 

 

抜き取るのも大変なくらいに、根が

よく張っていました。写真は根を切てしまっていますが、深さで40~50cmほどまで伸びていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生育よいツツジ2

 

 

水や栄養分を直接吸収する「細根(さいこん)」も沢山ありました。

 

 

 

 

 

 

 

生育よい土

 

 

 

 

土の状態です。

少なくとも深さ30cm以下まで良質な黒土が入っていました。

 

 

 

■生育が悪いほうのツツジ・サツキ

生育よくないツツジ外観

 

 

ツツジ・サツキともに、葉が少なく上から地面が見えている状態です。花も毎年少なめにしか咲きません。

 

 

 

 

 

 

 

生育わるいツツジ

 

 

掘りとった状況です。

少し掘って引っ張ると比較的簡単に抜けました。

根は深さ15~25cmくらいまでにあり、底面が平らになっている状態でした。

 

 

 

 

 

生育悪いツツジの根厚み

 

 

根の深さ17cmくらいの部分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生育悪いツツジ細根

 

 

水や養分を吸収する「細根(さいこん)」もありますが、量が少ない状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生育悪い土

 

 

 

土の状態は、表層10cm程度まで良質な黒土が入っていましたが、それより下はコンクリート片も混ざった土が、固く締め固まっている状態でした。

phも測定しましたが、少しアルカリに傾いていましたが、大きく問題となるほどではなく、下の土をほぐして、上の黒土と混ぜればほぼ問題のない土になると思われました。上下で色が変わっている部分が境界線です。

 

 

 

 

 

 

 

コガネムシ

 

 

 

コガネムシの幼虫(根を食べます)も数匹見つかりました。

 

 

 

 

 

 

状況のまとめ

 

植えられている状況と土の状況から、以下のように考えられます。

■生育のよいツツジ

図17

 

・根が深く(40~50cm程度)、多い

・葉が多いので、地温が上がりにくく、熱による根の傷みが起きにくい(根は熱に弱いです)。

・根が多いので、コガネムシ幼虫等に根を食べられても耐えられる。
・根が深いので、地表面の熱に耐えられる
・根が深いので、乾燥に強い
■生育の悪いツツジ

図17
・根が浅く(15~25cm)、少ない

・葉が少ないので、地温が上がりやすく、熱による根の傷み・葉への熱射が起きやすい
・根が少ないので、コガネムシ幼虫等に根を食べられた場合のダメージが大きい
・根が浅いので、地表面の温度上昇の影響を受けやすい
・根が浅いので、乾燥に弱い

対策としては、土の改良が一番の近道です

こちらのマンションでは、状態の特に悪い部分は順次「土壌改良」と「植替え」を実施していくことになりました。
(今ある低木は既に弱ってしまっているので、回復には時間がかかります。作業効率、費用対効果と、即効性という意味では低木は植え替えるご提案を基本にしています。)
土がよくなることによって、水と養分を保持する力が高まるので、施肥や水やりの効果が持続します。
そして、根の量が増えるので、より多くの水と養分を吸収できるようになり、水不足や病害虫に耐える力が高まります。
それが最終的には葉を増やし、花を増やすことにつながります。
※番外編 日照不足の場所

 

今回は、土と根を中心に調べましたが、
同じ物件で日照不足による不調の箇所もありました。
生育のよくないツツジ日照
 こちらは、土はそこまで悪くありませんでしたが、大きく育った高木の影になって葉や花が少なくなっています。
こういった状態をよくみて、適切な対応をすることで費用対効果の高い改善を実施していきたいですね。